佐世保のタウン情報をお届けする生活情報ページ
もうすぐゴールデンウイークですね!
〜「ライフさせぼ」は、毎週金曜日、65,000部発行。「99View」は、毎月第二土曜日、50,000部発行〜









あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

や行

やーらしか
かわいらしい、という意味。「や〜らしか顔しとらすですね」などと使う。最近は「いやらしか」と聞き間違われることが多く。使う人が減っている。
やおうなか
最近はスーパーばかりになって、近所の八百屋がなかごとなった。やおうなか。簡単にはいかない。むずかしい。
やぐらしか
これは難しい。櫓が騒がしい、という意味か。収穫した穀物を収めた倉をネズミが襲って……。いくら考えてもそれぐらいしか思い浮かばない。ああ、やぐらしか。
やっか
主に動詞の後に付ける。「言うたやっか!」「食べたやっか」など。都会では「だろう」「じゃん」に似ている言葉。口を少し尖らせ不服そうに使うべし。
やれ
かけ声の「やれ!」ではない。「やる」の命令形。「くれ」が標準。「ギブミー」の意味。「おいにやれ!」と嚇すイジメっ子が昔はいた。やれやれ。
やんどっと
「病んでるの?」でも「yan.com」のひらがな略でもない。天候(雨)の状態を言い表す佐世保言葉だ。「やんどっと?」「まだ、やんどらんばい」「やむぎよかとばってんが、ふいよっと」「やんでからかえらんば、ぬるばい」「おっ!! やんどっごったっ、そろそろ帰るけん」
ゆっくい
ラストの「い」が訛っただけのほぼ標準語。おばあちゃんが「ゆっくいしていきまっせ」などと使うとスローな和らぎ感をかもし出す言葉だ。
ゆめんごたっこと
ズバリ「夢みたいなこと」の訛りです。「ごたっこと」をややリズミカルに発音してみましょう。列車などの擬音「がたんごとん」に似た響きが、どことなく楽しい故郷訛りです。
よう
「酔う」でも「よう! 元気?」の『よう』ではあ〜りましぇん。なんと「良く」の意。「よう、食うね」「よう言うばい」など。田舎のおばあちゃんは「よう、おいでました」などとも使ってる。
ようよ
「ようよ、食べらるっばい」は「ようやく、食べられる」と訳す。「やっと」「ようやく」の意味。長く待たされた時など「ようよばい」と呟くお年寄りもいる。
よか
Oh!!GOOD!!とOKの意を持つ「あん娘(こ)スタイルのよかぁ〜」、「よかさ」「心配せんでも、よかよか」など。
よか(反意語)
GOOD、OKの意味を持つ「よか」がまったく反対の「NO!」の意味でも使える。標準語の「それ使っていいよ!」「おかわりは、いいよ」と同じニュアンスだと思えばよい。代表格は「そがんと、どがんでんよか」=「そんなのどうでもいいよ」。会話編/ウエートレス「お水をおつぎしましょうか?」客「もう、つがんでよか!」。子ども「ねぇ、もう一回ゲームをさせてよ〜」 母「もうせんで、よか」……etc
よかっちゃなか
上記の「よか」を使った代表的な日常言葉。「気にしなくていいんじゃない」=「気にせんで、よかっちゃなか」。「もうそれぐらいでいいんじゃない」=「もうそんくらいで、よかっちゃなか」。「よかさ」「よかよか」とこの「よかっちゃなか」を使えばかなり佐世保人に近づける。
よかってあんもんや
「良くはないよ」の意味。「よかっちゃなか」を打ち消す否定形として覚えておくと便利な言葉。会話例:「もうあの人のことは忘れるけん、心配せんでよかって…」「よかってあんっもんね、あんたのためば思うて言いよっとよ」。
よがんどる
「歪む」が訛ったのか」? 「あら!? この画面よがんどる!」「ほら、体のよがんどるぞ!」などと思わず使ってない?
よする
寄せること。集めること。「わがの来っとなら、同級生ばよするか」などと使う。
よそわし
他所のワシ、という意味である訳がなし。きたない、けがらわしいこと。手のよそわしか、というように使う。それにしても方言は汚い言葉が多い。
よんにゅう
意味は「たくさん」と判っているが、どうしてこんな言葉になったか想像がつかない。『余』に格助詞の『に』が付いて変化したものか。
ヤマヒョー
 ズバリ生き物の名前です。どんな生き物かお答え下さい。はい青の方どうぞ。「チータ」残念違います。はい赤の方どうぞ。「トンボ」惜しい。違います。はい緑の方「…ギンヤンマ!」その通り。ちなみにトンボはヘンボと呼んでいたそうです。アタックチャンス!


あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行





ご意見ご感想About Usプライバシーポリシーライフさせぼ・99VIEWへの広告掲載について