佐世保のタウン情報をお届けする生活情報ページ
もうすぐゴールデンウイークですね!
〜「ライフさせぼ」は、毎週金曜日、65,000部発行。「99View」は、毎月第二土曜日、50,000部発行〜









あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

あ行

あい
三人称の「あいつ」や代名詞「あれ」の意味。使用例=あい(あいつ)、あいが(あいつが)、あいたち(あいつら)。語尾が訛った、あいどん(あいつら)もある。
あいたぁ〜す
机の角に肘や足をぶつけたとき、ドアに指をはさんだときなどに佐世保人は「あいたぁ〜」もしくは「あいたぁ〜す」と声を発する。「痛い」ときに思わず口から出る言葉。
あいよった
「ある」「会う」は「あいよっ」と訛る。「た」を付けると過去形になる。使用例/「西海パールシーで、かき食うカキ祭りがあいよった」「スタバで昔の彼女とあいよった」……etc
あがん
あのようには「あがん」、そのようには「そがん」、このようには「こがん」。すなわち「がん」は「ように」ということ。あぎゃんさー、そぎゃんさー、こぎゃんさー。
あげん
アゲインみたいでかっこいいが、これも訛り。「あげない」の意味。人に何かを渡す「あげる」と物を「上げる」の両方の使い方ができる。使用例/「もうあげきらん」「はよ、あげとかんば」「あぐっぎよか」「あげきっと?」「あぐっと?」「あげきんもんや」……etc
あっしこ
「よかけん、あっしこ、持ってこんや」を直訳すると「いいから、あるだけ(全部)持ってきてよ」となる。「しこ」は分量などで「〜だけ」の意味を持ち、「持っとっしこ」=「持ってるだけ」「食べきっしこ」=「食べきれるだけ」となる。使用例/「ここに、あっしこじゃ酒のたらん」「あっしこ、食べてしもうとっ」など。
あっちゃん
人の呼び名のようだけど、あちらの方という意味。コッチャンはこちらの方。アッチャンコッチャン連れて行かんと。
あっと
 じゃアドレス言いますね。○○○@マーク! ではもちろんない。「あっと言う間」の「あっと言わせる」のあっととも違う。動詞の「ある」を「あっと」と頻繁に使っているのです。例えば「ご飯まだあっと?」「このゲームしたことあっと?」「本当に観たことあっとや?」など。  
あとんなって
「あとんなって、ゆうたっちゃ、つまんもんや、きめとっとやけんが」…訳すと「後になって、言っても、だめだよ、決めたんだから」。
あまめ
「あら、そけあまめのおっよ!」「えっ?アマメ?」キャ〜ッ!(悲鳴)「ば、ばぁちゃん、なんば言いよっと、そいゴキブリたい! はよ殺してぇ〜」※「そういや、ときどき俺のことを『あまめ』って呼ぶ人間がいるな。確か日葡辞書に載ってるとか言ってたんで、ポルトガル語じゃないの?」(ゴキブリ談)
あんしょ
「あい」と同じく三人称代名詞「あの人」の意味。「あんしょに聞いてん(あの人に聞いてご覧)」「あんしょなんね(あの人なにかしら?)」「あんしょが知っとらす(あの人なら知ってるはずだよ)」などと使用する。
あんびゃー
耳で聞くと、フランス語のような響き。もちろん「塩梅」が訛ったもの。どがんあんびゃーやろか。
あんもんね
「ねぇ、おやつまだ残ってる」「もうないよ」という会話が「ねぇ、おやつまだあっと?」「もう、あんもんね」となる。「ない」と同意義で使う。「あんもんか」「あんもんや」など語気を強める男言葉もまだまだ健在だ。
いっちょく
語源は「打ち捨て置く」。物をわすれておくこと。本ば家にイッチョタというように使う。
いっちょん
いっちゃんこと市原隆靖さんのことじゃない。ソフトに略すと「少しも」の意。「いっちょん好かん」「いっちょん出らん」などと使おう。
いっぽかっぽ
忙ててゲタをつっかけて出るとき、別々のものをはいて出ること、方言で履物のこと。一歩だけの履物ということか。
いつでん
「いつもここから」を佐世保弁で訛ると「いつでんこっから」となる。いつでもの意味。使用例/「いつでんよかけん」「いつでん留守さね」「いつまででん言わん」……etc
いろんころん
コロコロと転がっていきそうな、耳ざわりのいい言葉だね。「あれこれ」が標準語。「いろんころん文句ば言わんと!」と言うように使う。
いわせん
立派だ。良い。優れている/そんな意味であって、岩のように硬い煎餅のことではない。他に「言わせん」ほど凄いということか。
うしたいもん
丁寧に扱わないこと。雑にすること。「失う」から来ているのかな。失ったと同じように、無雑作に、邪険にすること。
うしつる
うしてる、も同じ。捨てること。「失う」をもっと自分の意志を強めて、「捨てる」と同じ意味に使ったもの。「あんたなんかうしつるよ〜」と喧嘩しませんでしたか。
うち
男は「オイ」、女は「ウチ」が佐世保流。映画『69』でもヒロインが「うちデモやらバリ封やらするヒト好いとうもん」と言っている。
うっかんげた
うっかりカン違いして履き違えた下駄。という意味なら面白いけど、「こわれた」こと。壊れていく様子が想像できそうだ。
うっすらごと
安藤政信さんの名セリフのひとつ。「そい、うっすらごとやろが」と北松訛りでボヤくシーンはなかなか味がある。おそらく絵空事がこうなったのだろう。「それって、ウソだろ」「それ、作り話だろ」と訳すべし。
うっちょかるる
標準語の「うっちゃる」が微妙にナマったのだろうか…?”そのまま放っておく“などの意味を持つ。それではレッスン。「ほら早よう行かんば、うっちょかるっよ!!」もう一度、声を出して!
うっぽがす
ジッポはガスじゃなくてオイルだもんね。約束を「すっぽかす」にも響きが似てるけど、ナント、『穴をあける』意の九州弁「ほがす」の頭に「うっ」までついた強烈な印象を放ってる。
うめく
「痛みをこらえてうめく」というように使う。声にならない声で嘆息すること。「おらぶ」が大声で、「うめく」が小声か。
うらめしか
柳の下の幽霊は「うらめしや」と出て来る。うらみに思われるという標準の他に、うるさいという意味を混合して使っていた。
うんにゃ
解すると「うん」では「にゃ」、ないという否定の意味。CANNOTに似ているね。
えーくそ
小梅太夫の「チクショ〜」と同じ意味で使えます。悔しいとき、面白くないとき、うまくいかないときに、感情を込めて「え〜くそ!はがいか!」と叫べば少しスッキリ!
えすか
「こわい、恐ろしい」という意味。Sか、Mかではない。なぜかまったく判らないのが、えすかねぇ。
えらかす
だます、あざむく。「あの人にエラカされた」というように使う。だけど「エラ」とは古語ですぐれていることだから「おちょくる」という意味に近いのだろう。
えりよっと
「選ぶ」の佐世保訛り。「えいよっ」とさらにディープに訛ることもある。フリマなどで物をあさるように選びまくるさまを「えりたくる」などとも言う。使用例「いつまで、えりよっとや、はよせんや」など。
おーちゃっか
オー!着火。防火訓練のかけ声のようだが、横着を形容句「おうちゃくな」にしたもの。語尾の「か」は「な」の変化かな
おい
「俺」「僕」など男性が自分自身をしめす代名詞。プロポーズのとき佐世保の男は「おいと結婚してくれんや」と告白する。が、初めて東京に暮らしたとき、周囲が「俺がさ」「俺俺」の連発の中、この「おい」を使うのはなかなか勇気がいる。EXILEのTAKAHIROさんもブログで紹介してくれている佐世保を代表する言葉の一つです。
おえかぶる
ロンゲやボサボサとかいう言葉ではうまく表現できない佐世保的ヘアスタイル。髪がうっとおしいくらい伸びた様を言う。拓郎の名曲も佐世保弁だと、♪オイの髪が肩までおえかぶって〜と歌うべし。
おかしか
もちろん「おかしい」の語尾が転化したもの。形容詞の「い」はほとんど「か」に変えると佐世保弁になる。ある歯科の名でもあるけど。
おそか
待ち合わせやピザなどのデリバリー待ちのときによく使う。「まぁだ、こんと、おそかね〜」は「まだ来ないの、遅いね」の意味。「前の車おそかばい」「おそかけん、もう間に合わん」などと使う。
おっちゃける
「ほらほら、そがんとこに登ったらまたおっちゃけて泣くぞ」などと使う。「おっこちる」「おっことす」の佐世保ヴァージョンなのだ。
おっとんぎゅ
名詞である。「チュウリョウチュウジ」というビー玉遊びを子どもの頃していた。大きなビー玉のことをそう呼んでいた。
おとろしか
まさに「恐ろしい」ということ。なぜ「そ」が「と」に転化したのかわからないが、古語には「おどろし」(恐ろしい)という表現もあるから、それが混合したものだろう。
おもやい
仲良く分けることいっしょにすること。正しくは方言と言うより「もやい」を丁寧に言ったもの。いい言葉ですね。
おらぶ
叫ぶ、の意味。「おらばんば聞こえんよ」というように使う。
おらん
「誠さんいますか?」「おらんよ!」。アガサ・クリスティの名作『そして誰もいなくなった』は、『そいでだいもおらんごとなった』と翻訳しよう。
おろいか
未熟だ、劣る、という意味の形容動詞「愚か」が、佐世保弁らしい「か」をつけて形容詞と混同され、「おろかか」となった。そのあと更にあいまいに使われ「い」に変化したと思える。おろいか解訳かも知れんね。
おんなさい
母親が幼い子どもに向かって「こけ、おんなさい。動かんとよ」などと注意を促す。「ここに、いなさい」の佐世保訛り。「今日は外に出らんで、黙って家におんなさい」などと使う。
おんぶっく
赤子をおんぶして来ること、である訳はない。川でおんぶくれた。海でおんぶきゆうでした、というように使う。おぼれること。


あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行





ご意見ご感想About Usプライバシーポリシーライフさせぼ・99VIEWへの広告掲載について