佐世保のタウン情報をお届けする生活情報ページ
〜「ライフさせぼ」は、毎週金曜日、65,000部発行。「99View」は、毎月第二土曜日、30,000部発行〜
[NEWS]
[トピックス]











saketatsuki1.jpg
切り裂かれた佐伯祐三の
名画「カフェの黒い男」は贋作だったのか!?

佐伯祐三の油彩が、何者かに切り裂かれた。数年前にパリの屋根裏で発見されたもので、 その事件を契機に真贋論争が湧き起こった。
佐伯祐三は昭和3年、30歳の若さでパリ郊外の精神病院で死亡。結核であったが、発狂や自殺が噂されたのは、その天才的な画業を多くの人が惜しんだ故だろう。
その傍でまったく似た人生を歩んだ、長崎出身の画家がいた。3年後、彼も結核で亡くなっている。そして驚くのは、残された絵が佐伯祐三とそっくりなこと……。

『裂けた月』小川照郷著
定価1,575円
ランダムハウス
講談社刊
4月28日全国の書店で発売




切り裂かれた佐伯祐三の 名画「カフ...





ご意見ご感想About Usプライバシーポリシーライフさせぼ・99VIEWへの広告掲載について